Kochiの気ままにいきましょ

こちらのホームページでは食べ物を中心に私が感じたことやレシピの紹介など そのた雑記がありますが温かい目で見てください

フランス産プルーンは果肉が厚くて皮が柔らかい!

こんにちは! \(@^0^@)/ Kochiです!

 

 

 

今回ご紹介しますのは業務スーパーさんで売られている

ドライフルーツを2種ご紹介いたします

プルーン

ドライロンガン竜眼です

 

両方の商品にジッパーがついているのがいいですね

キチンと封しておくことができます


f:id:kochi555:20210517201828j:image

 

ロンガンはライチに似たフルーツでライチよりもう一回り小さいです

また皮もライチほど凸凹しておらずツルッとしています

その皮をむいていしまえば見た目はライチ

味もライチに近い味です

 

中国では漢方として使われていて滋養作用 補血効果があります

カルシウムやカリウム リン などのミネラルが豊富です

 

生のロンガンは食べたことがあるのですがドライは初めて

どんなふうになっているのか楽しみです


f:id:kochi555:20210517201847j:image

 

左がプルーン

右がロンガンです

 

ロンガンの皮を早速向いていきます


f:id:kochi555:20210517201911j:image

 

こちらがロンガンの皮をむいた写真です

乾燥しているせいかライチっぽい面影がありません

 

ライチ同様中にはタネが入っていますので面倒かもしれませんが

とらなければいけません


f:id:kochi555:20210517201922j:image

 

こちらに写真見てわかってもらえるでしょうか?

実はロンガン 一番手前は種になります

もう実の部分は取り除いた写真になります

 

ほとんど大きさが変わっていません (⊙o⊙)

今のままではほとんど食べるところがありません

乾燥してしぼんでしまうとここまで変わってしまうんですね

 

ただドライロンガン水でもどして

スープなどにして食べることが多いので

そうしたらもうちょっとサイズも大きくなると思います

 

今回は乾燥したままのをいただきました

食べた感想としては味はほぼ干し柿です

そこにロンガン(ライチ)の香りが少し香る程度でほぼ干し柿の味です

甘さは控えめ干し柿なので食べやすい味です

 

大きいタネや皮があるのであるのでちょっと面倒かもしれませんが

味は悪くないですね


f:id:kochi555:20210517201929j:image

こちらはプルーンです

フランスのアジャン産です

プルーンといえばカリフォルニア産のイメージがあるかもしれませんが

元々はアジャンにあるプルーンの樹をアメリカに移植したのがきっかけ

 

フランス産は果肉に厚みがあり皮が柔らかいのが特徴

触った感じ確かにちょっと肉厚です

 

食べてみても確かに皮はもちろん果肉まで柔らかいです (⊙o⊙)

果肉も厚みがあるので食べ応えがあって美味しいです (❤ ω ❤)

プルーンが苦手な人も食べるかも!?しれません

 

因みに種は除去してくれているので

取らなければいけない面倒はありません

 

 

 今回のドライフルーツ紹介はいかがだったでしょうか?

ロンガンは皮をむいたりとちょっと面倒ではありますが

身体には良さそうなので今後も食べていきたいですね

 

プルーンは軽い驚きでした

皮が確かに柔らかくて果肉に厚みがあって確かに美味しいです

これはおススメですよ

 

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございます!

この記事が気に入った方は下のツイッターのフォローや ブックマーク、

コメントなどをしていただければやる気につながります(^▽^)

それではまた次のお話で!

 

 

 

Kochiの気ままに行きましょ では食レポなどの依頼はtwitterのDMから

受け付けておりますのでご連絡ください